腰痛もいろいろ

症例報告

長期間放置は要注意!

こんにちは!前回は趣味の話を書かせてもらいましたが今回は最近来院された患者様の症例を書かせてもらおうかなと思います^_^

69歳女性の方で予約のお電話お頂いた際では腰が痛くて歩けないとのことだったので急性腰痛かなと思っていました。
しかし来院されてからお話を伺ってみると1ヶ月半前に転倒して尻もちをついてから腰が痛くなって自力で歩けなくなったとのことでした。整形外科に行きレントゲンを撮ってもらったが骨には異常ないとのことで湿布と痛み止めの処方をしてもらったが痛みは取れずに1ヶ月半まともに歩かずご飯もほとんど食べれずで過ごしていたようです。
右と左でどちらが痛いか聞いてみてもどこが痛いのか分からない痛くて動かせないとのことで支えながらベッドに寝てもらい触診をしてみました。
明らかに腰の筋緊張に左右差があり左側の筋肉が異常に張っていました。ちょっと触るだけで飛び上がるような感じだったのでまずは足からチェックしていくと左の足の筋肉が萎縮していました。もともと左右差がある方かもしれませんが明らかに左右で筋肉量が違いました。1ヶ月半まともに動いてなかったのもあるでしょうし左の腰に問題があるのがほぼ間違いないと思いました。
圧痛を確認しながら患部の周りから緩めていきある程度緩んでから最後に問題のある腰を触ると最初に触ったときより痛がり方が変わっていたので軽めに刺激をいれ緩めて関節の動きをチェックしましたがやはり関節も動きが悪い状態でした。
手技の後オステオトロンを患部に当て、炎症を抑え関節に刺激を入れてみました。(オステオトロンは骨折の治癒促進効果のある機械ですが骨折以外にも炎症や関節痛などにも高い効果が期待できるものです。)
治療後ゆっくり起き上がってもらうと治療前は自力で動けなかったんですが自分の力で起き上がり待合で待つ旦那さんの所までスタスタ歩いておられました。「痛みは少し残るけど歩ける」と喜んでおられました。その日は土曜日でしたので月曜日に来てくださいと伝えました。正直1日空いてしまうのでまた痛みが戻らないか不安ではありましたが月曜日に来院された際には自分で歩いて1人で来院されました。
現在初診から2週間程経っていますが再度痛みが出ることもなく今は活動レベルも上がっていて減少していた筋力も回復しつつあります。

自宅でのトレーニング方法なども指導しているので患者様も積極的にやってくれています。やはり早期回復には本人のやる気も大事ですね^_^

今回は腰痛に関しての症例報告でした。
また次回もお楽しみに♪

 

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。