鍼灸治療とは。岸和田まちの整体整骨院の考察

鍼灸治療で使う経穴

ゴールデンウィークが終わって一週間が過ぎ、疲労などは溜まっていないでしょうか?

こんにちは!
岸和田まちの整体整骨院の宮河です。

そんな貴方に鍼灸治療の経穴、俗に言うツボですね、をご紹介!


まず、経穴について、ざっくり説明を。

経穴とは、気の出入り口であり、気や血が集まる場所です。そのため、経穴を刺激することで気や血の巡りを調整します。

つまり、病気の反応点であると同時に、治療点でもあるわけです。

鍼灸治療は、東洋医学だけのイメージですが、実は世界各地で行われているグローバルな治療法で2008年にはWHO(世界保健機構)が361の経穴に関する世界統一基準を定めたりと、有効性が認められています。

では、どの辺りを押したらえぇの?
ということで、自分でも押しやすい足裏、足の甲をご紹介します。

裏内庭

足裏の人差し指の付け根のすぐ下。人差し指を曲げた時、指先がふれるあたり。

○適応は、胃痛、食あたり

太白

足の甲の内側、親指の付け根にあるくぼみ。

○適応は、胃痛、腹痛、腹のはり、嘔吐、下痢、便秘、痔、食欲不振。

湧泉

足先を曲げた時、土踏まずにできるやまのような形のしわの頂き部分。
足裏のほぼ中心に位置する。

○適応は、頭痛、のぼせ、のど痛、便秘。

失眠

足裏でかかとのほぼ中央に位置する。

○適応は、不眠。

☆足の甲の人差し指と中指の間を足首側にずらして、圧痛のある場所。

○適応は、歯痛、鼻血、腹痛、腹のはり、下痢、食あたり。

太衝

足の甲側で、親指と人差し指の骨の間を足首方向へ触っていき、V字型の骨の谷間のあたり。
押すと圧痛がある場所。

○適応は、眼精疲労、かすみ目、頭痛、生理不順、脇痛。

これらは、左右にあります。経穴の位置は個人差があるので、触覚や視覚を使って試して下さい。

親指で押すのが、一般的です。
押す力は、痛気持ちイイぐらいて、十分ですよ!

力任せに押したり、長い時間同じ場所を押してると、かえって症状を悪化させる場合があるので注意してくださいね。

あまりにキツイ方は、経穴の周辺の筋肉を軽く揉んだりさすったり、たたいたりしてから押してあげると効果大です!

それでは、これらの経穴(ツボ)を試して、この時期の疲れを乗り切ってくださいね。

今すぐ、岸和田まちのへGO!

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます☆