管鍼法とは。岸和田まちの整体整骨院の考察

管鍼法とは

今年は雨の降りかたが異常で怖いですね。
こんにちは!
岸和田まちの整体整骨院の宮河です。

よく、「患者さんに鍼って痛いやろ」や「衛生的にちょっと。B型肝炎とか怖いし」なんてお話を聞きます。
なので今回は、
日本で行われる鍼治療の方法
“菅鍼法”についてのお話し。


☆現在、日本で最も用いられる鍼治療の方法は菅鍼法です。
それは、”鍼菅“という筒状の器具を用いて、細く長い鍼を皮膚に刺す方法で、細くて柔らかい鍼を適切に刺すことができるので、痛みをほとんど感じずにすみます。

ちょいと昔は、ステンレス製の鍼菅を高圧滅菌消毒して使っていましたが、現在では、感染症予防や衛生面から、プラスチック製の使い捨ての鍼が主流です。

施術では、最初に経穴の位置を特定します。
個人差があるため、まず基準となる場所の周辺を触診し、皮膚の色味が違う箇所や乾燥、ザラつきがある場所、押圧時に痛みや腫れ、シコリなどの反応が強くでる所を経穴として決定します。

次に鍼を刺し入れる角度は、真っ直ぐや斜めなど、その経穴に適した角度を選択します。
鍼菅をやや強く経穴に押し当てると、筒の中から鍼が落ちて、瞬間的に皮膚に当たります。
ですが、鍼菅で皮膚を圧迫してる感触で、鍼が当たる感覚はほとんどしません。

その後、鍼菅後方から少し出ている鍼の端を指先で軽くトントンとして、鍼を少しづつ刺し入れます。
鍼菅を取り除き、さらにゆっくりと深く刺し入れていきます。

よく鍼をしてる最中に「ズゥンと響く」という言葉を聞きます。
これを”得気“と呼びます。

一方、鍼灸師は、筋肉の微かな動きや鍼が押し返されるような感覚を得ます。
これを”鍼を刺して気が至る“といい、”気至“と呼ばれます。

なお、得気が起こらない場合は、人為的にこれを得る技があり”候気“といいます。

東洋医学の治療法には”補瀉“という考えがあり、体の状態により、補(体に不足してるものを補う)したり、瀉(体に不要なもの、害のあるものを排除する)したりします。

鍼治療の場合も同じで、鍼の操作で”正気”を補したり、”邪気”を瀉したりすることで、不調を改善していきます。


岸和田まちの整体整骨院では、ベテランの鍼灸師が施術を行ってます。
興味がある方は、ぜひお越しください。