夏バテについて

ブログ&お役立ち情報

夏バテについて

今回のテーマは夏バテです。

夏バテとは?
・体がだるい
・食欲不振
・イライラするなど
夏に起こる症状の事です。

特に多いのは
疲れが取れにくい、体がだるい
といった症状です。
毎日の暑さで睡眠不足になることで、
更に疲労感やだるさが増し、
症状が悪くなりやすいです。

◯夏バテの原因について

人の身体は、
汗をかくことで体温を下げるように
調整しています。
しかし、大量の汗をかくことで、
水分だけではなく、
ナトリウムやミネラルなど、
身体にとって必要な栄養素も
一緒に排出されてしまいます。

汗をかくのは自律神経の働きに
よるものです。
◯交感神経→
・汗をかくように働く
・胃腸の働きを止めるように働く

◯副交感神経→

・胃腸の働きをスムーズに整える

しかし、空調の効いた
屋内と気温や湿度の差を繰り返し
感じることによって、
自律神経の交感神経と副交感神経の
切り替えがうまくいかなくなり、
自律神経のバランスが崩れて
しまいます。すると、体温調整が
上手くいかなくなり、
胃腸障害や睡眠障害が
起きてしまいます。
これが『夏バテの原因』
と言われています。

◯夏バテ解消

夏バテ解消には食事、運動、睡眠
のバランスを整える事です。

・食事について

夏野菜は汗をかいたときに
必要となる、カリウムや水分を
多く含むのでおすすめです。
・とうもろこし
・トマト
・なす
・キュウリ
・カボチャ
など。夏野菜は利尿効果もあり、むくみなどにもいいですよ👍
玉ねぎにも疲労回復や
スタミナアップにも効果があります。
疲労回復にはビタミンB1を含む
豚肉、大豆、うなぎ、ほうれん草が
あります。
香辛料や香味野菜も食欲増進効果が
あるので一緒にお料理しても
良さそうですね🎵

例えば、酢豚とか夏野菜でカレーも
いいですね✨
身体が冷えている時は身体を
温めてくれる食事が効果的です。
胃腸への負担が少なく、時間を問わず
食べやすいお粥やリゾットは
食欲が無いときにもおすすめです。

◯運動について

・ダイエット効果もある有酸素運動

・スクワット
・ウォーキング
・エアロビクス
・水泳
有酸素運動は自分のペースで
行う事ができるので、
程よい疲労感が得られます。

日中はどうしても暑いので、
朝方や夕方など気温が少し涼しいときに
行うのもいいですね。

・寝る前のストレッチ
①仰向けに寝て、両手は胸に置きます。
②両足の裏を合わせて骨盤が
開いていることを意識しながら
行います。
骨盤と足首のストレッチになり、
お腹に手を置いて行うことで、
足先だけではなく、
お腹も温める事が出来ます。

◯夏の入浴
暑い日が続くと
シャワーで済ましてしまいがちです。
その時はさっぱりしても
中々疲れが取れなかったりします。

入浴により三つの物理作用
(温熱、水圧、浮力)が効果的に
働き、夏の疲れ、冷え、ストレスに
効果的なんです。
リラックスできる微温浴(35度~38度)
交感神経を刺激して心身ともに
活動的になる
高温浴(42度~44度)
2つを使い分けて入浴
してみてください。

今年の夏も暑いですが、
元気に楽しく過ごしたいですね❗
最後にオススメのツボです。
☆湧泉(ゆうせん)
元気がわいてくるツボです。
・足の裏側
人差し指と中指の間とかかとを
結ぶ線の上からおよそ3/1の所にあります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
次回もお楽しみ😁

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。