そり返り姿勢の改善

姿勢矯正専門家の治療ブログ

腰を痛める姿勢の1つ

最近腰を痛めて来院される方が多いのですが、その原因の一つとしてあげられるのが姿勢です。

当院では身体全体の写真を撮らせていただく事による姿勢の分析からゆがみをみつけていきます。

その中のゆがみの一つとして、腰の痛みの原因としてあげられるのが「反り返り姿勢」です。

この姿勢は腰のカーブが正常な状態から比べるときつくなってしまっている状態です。

腰のカーブがきつくなることで、後ろに重心がかかりやすくなりそれを支える腰に負担がかかりやすい状態となってしまっています。

これらの事が起こる原因として考えられる要因として

〇西洋医学的な考え

  • 長時間のデスクワーク
  • 長時間の重たい仕事
  • 育児でお子様の抱っこが多い
  • 激しい運動や学校での部活動
  • ヒールや踵の高い靴をよく履く

更に腰の関節が狭くなることで腰から出ている神経を圧迫し坐骨神経痛などの症状も出やすくなってしまいます。

〇東洋医学的な考え
腎虚じんきょ
→東洋医学では「腰は腎の府」といい、腎が弱くなると腰に痛みが生じます。
痹症ひしょう
→筋肉・骨格系の痛みを総称してこういいます。
筋肉や関節の痺れ、だるさ、痛みなどを特徴とした病気です。
鍼やお灸、吸玉を使って治療を行います。
○当院のアプローチ
・当院は西洋医学的視点と東洋医学的視点の両方を使い治療を行います。
・西洋医学的に姿勢や筋肉や関節をチェックします。
→姿勢分析をして体の歪みをチェックして矯正
を行います。
・自身の自然治癒力を高めるために関連のある経
絡(ツボ)に鍼やお灸をしていきます。

・瘀血があるのかを確認するために吸玉を行う場合もあります。

・症状は筋肉の緊張を伴っているので代謝促進するための物療やマッサージも状況によって行います。

しっかりと根本の解決をするために一人一人にあった必要な技術を提供を心がけています。

そもそも「反り返り姿勢」になってしまう原因としては「腹筋の低下」によるものが大きいです。
腹筋が弱くなることで背骨を支えられなくなり、後ろに重心がかかってしまうのです。
当院ではこの腹筋の筋力向上の為にトレーニングも治療の一環として取り入れています。

腹筋の動画はこちら

いくつか効果的なストレッチを紹介していきますね。

1)腸腰筋のストレッチ
右足を前に出し、腰を落として膝をつきます。
この時、右膝は90度に曲げてましょう。
両手は腰に当てて、胸を張り、右脚を前に倒していきます。
この時、左の股関節が伸びるのを感じてください。
約15秒ほど伸ばしてみましょう。
反対の足も同じようにして股関節を伸ばしていきます。

2)背中のストレッチ
バスタオルをくるくると巻いてください。
それを肩甲骨の下に当てて、横になります。
仰向けになったら、手をバンザイして1分間ほどそのままで。
背中が伸びるのを感じてください。
慣れてきたら、5分間ほどしてみましょう。

簡単なストレッチですが、継続して行うだけで腰痛を予防できます。
身体が温まっているお風呂上りなどがより効果的です。
同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索。

tiktokもやってます。

↓↓↓↓↓↓

@machino.kishiwada