往診について

今日は当院で実施している往診について紹介していきます。
こんにちは!まちの整体整骨院の藤野です。

往診とは
歩行が困難な症状の患者さんの家に伺い、患者さんの家で施術させていただく事です。
※往診をするにあたって、お医者さんの同意書が必要となります。

お医者さんの同意があって出来るのですが、どのような症状だと適応になるのかが分からないといった事もあると思います。現にご家族の方で往診に来てほしいけどいけるか分からないといった声もよく聞きます。

実際に当院で担当した患者さんの例を挙げていきますね
・足の骨折により、歩くのが困難な状態
・ALS(筋萎縮性側索硬化症)の症状の方
・パーキンソン病により歩くのがおぼつかない状態の方
・視力が悪くなることにより歩くのが困難な状態
・寝たきりの状態での筋力アップのためのトレーニング
・糖尿病悪化による下肢のシビレ、力が入らないなど

以上のような症状の患者さんに対して往診の施術をさせていただきました。

年齢は関係なく、自分自身・またはご家族の方で対象となる方がいてましたらご相談ください。
治療が必要な方に治療が出来ないのはもったいないです( ;∀;)

ではでは