足湯の効能。岸和田まちの整体整骨院の考察

岸まち 足湯 ブログ&お役立ち情報
足湯

足湯の効能

まだまだ寒い日が続きますが、今日はそんな寒い冬におすすめの足湯の効果についてご紹介します!(*^-^*)

こんにちは!まちの整体整骨院の藤野です。

岸まち 足湯

足湯

体全体を温めるサウナや温泉と違って足先から下腿部にかけてを温める足湯ですが、実はこれだけで驚くべき美容と健康効果が得られることがわかっているのです!!

冷え性対策

冷え性に悩む方、とても多いですよね。
他の人より寒がりだ。
腰や手足に冷えがあってつらい。
足が冷えるので夏でも厚い靴下を履かないとダメだ。
冷房の効いているところは身体が冷えてつらい。
冬場は電気毛布や電気敷布、あるいはカイロは絶対必要だ。

といった方々が当院でも多いです。

冷え性は血行障害、特に末梢血管などの障害により生じて、足と手に多く、冬季と就寝前に強まります。
天候にも左右されます。
西洋医学的には病気として扱われておらず、身体の自覚症状の一つとして見られていますが、東洋医学では治療するべき疾患としています。
それは冷え性に伴う慢性的な血行障害が原因で胃痛、便秘、しもやけ、腰痛、肩こり、神経痛、肌荒れなどが起こりうるからです。
要因としては遺伝的要因、性ホルモンの変動とそれに伴う自律神経の乱れ、間違った食生活などが挙げられます。

冷え対策として体を温めることが有効ですが、上半身よりも下半身を温めた方が冷えに効果的なのです!頭寒足熱ですね!
足を温める事で温まった血液が上半身の冷えた部分を温めようとして、自然と血流が良くなりやすいです!
また、足には他の内臓と関連の深いツボが集中しており、足を温めるだけで内臓全体を温めてくれます。

むくみの改善

さらにむくみにも効果的です!
長時間同じ姿勢でデスクワークなどをしていると、足が冷えて血流が滞ります。
この時に冷えが起こるのですが、血液は体の中の老廃物や水分も循環させているので、老廃物や水分も滞りがちになり、むくみに繋がります。
これは長時間座っている事により事により、血液の循環機能を担うふくらはぎがポンプ機能機能を十全に使えないことで起こってしまいます。
むくみの原因は、余分な水分と老廃物ですが、足湯につかることで足全体の血行が促進されて、たまっている老廃物、余分な水分が排泄されるようになります。そのおかげで足のむくみが取れてスッキリとしてきます。

自律神経を整える

冷え性の原因でも触れましたが自律神経の乱れが血流が悪くなると出てしまいます。
これも足湯により血流がよくなると、全身を温かくすることで副交感神経が優位に働き、自律神経を整える作用があります。
まあ、リラックス状態になるわけですね。
不眠症改善にも効果的です。

肝機能の向上

肝臓は基礎代謝を担う場所でその過程で体熱も産生されます。
足湯の効果で身体が温まると肝臓の負担も減るので肝機能も向上することになります。
肝機能が向上すると血漿タンパク質であるアルブミンが肝臓で産生されやすくなり、膠質浸透圧の維持が容易になるので、水分を引き付ける浸透圧の作用で水分代謝機能が亢進します。
また、同時に腎機能も向上するので利尿作用もよくなります。

セルライトの解消

また、セルライトの解消にも一役買ってくれます!
セルライトは脂肪が冷えて固まることで足に定着してしまいます。
足を温めることでセルライトが温まって燃焼しやすい状態になるため、併せてマッサージや運動を組み合わせることでセルライトを解消する効果が期待できるのです!

当院では、むくみやセルライトの除去の為のフットマッサージを行っておりますが、必ず足湯に入ってから施術させていただいております。

温泉に入るとリラックス効果が得られると思いますが、足湯につかるだけでも高いリラックス効果が期待できます。
当院の足湯に入れている入浴剤は「ハイセンス」という薬用の入浴剤で、保温効果・自律神経の乱れの改善・冷えの改善にとても良く効く入浴剤です(*^▽^*)足湯に入った後は、高ぶった神経を癒して安眠効果が得られますので、寝付きやすくなりますよ。当院に来られたらまず足湯に入ってリラックス&全身の血流を良くしてから施術しますね!(^_-)-☆

今すぐ、岸まちにGO!

(参考文献:生理学 改訂第3版、ウィキペディア)