こたつで寝違え

フィジシステム 岸和田ブログ&お役立ち情報

こたつで寝落ちして首がうごかない

今週は首の寝違えで来られる方が多かったです。
寝違えになるのにも色々と理由があり、今回は「こたつで寝落ちをして起きたら首が痛くて動かなかった」
といった理由がダントツでした。こたつでうたた寝。
気持ちがいいからついついしていまいます。
こたつで寝るだけでは簡単に寝違えにはならなんですが、これに他の要素が絡むとなりやすいです。
〇ソファーでついつい寝てしまうのが多い。
〇仕事で疲れていて寝返りが少なかった。
〇深酒をして寝てしまった。
〇枕ではなくて、クッションや座布団などを利用し、いつもより枕が高かった。
〇枕をしないで寝ていた。
などなど。お話しを聞いていくと、ほとんどの方がこれらのいづれかに該当していました。
もっとよく聞くと、よく寝違えにはなるよとのお声が。実は寝違えになりやすい人には特徴があって、
●パソコン作業やスマホを長時間、同じ姿勢で使っている事が多い。
●車の運転が長時間だ。
●運動不足である。
●寝返りは少ない方である。
といった方が寝違えになりやすいといわれています。予防としては、やはり布団やベッド以外の場所で寝ないことが一番です。
仕事で疲れて帰ってきたときやたくさんお酒を呼ばれていい気分になっている時はついついこたつやソファーで寝てしまいがちですが、ぐっと我慢してベッドや布団までたどり着きましょう。

枕の高さも大事です。
自分に合っていない枕を使っていると、寝ている間も首や背中が頭の重さを支えようとして筋肉が緊張し、無理な負担をかけて寝違えの原因になります。
枕が首と肩に着いて隙間がなく、頭を置いたときにおでこー鼻ー顎が横から見て並行になるものを選びましょう。

枕は合ってるけど、寝違え多いよという方は敷布団やマットレスが自分の硬さに会っていないかも。
柔らかすぎても硬すぎても睡眠時には体に負担がかかりますので、体にかかる圧力を分散してくれる低反発マットレスなどを試してみるのもいいです。
このとき、仰向け、横向きのどちらでもしんどくないもので脱力した姿勢で寝れるものを選びましょう。

首の寝違えは日常生活で起こりやすく、けっこう痛いです。
なってしまったら、迅速に治療を!
でも、日ごろからなりやすい方は予防を心がけましょう!

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索。

tiktokもやってます。

↓↓↓↓↓↓

@machino.kishiwada