不眠症

ブログ&お役立ち情報

ストレスからくる

こんにちは!前回は気象病の話でしたが今日は不眠症の話をしようかなと思います。

最近は昔に比べて不眠症の人が多いような感じもしますね。僕自身も日によっては眠りが悪い事があります。

今回のブログは不眠症とはなんなのかどういったことで出てくるのか薬を使わずに改善できるタイプの不眠症の治療法などを説明してみようと思います。

まず不眠症とは・・・

誰でも「眠ろうとしても眠れない」という不眠体験が一度はあると思います。心配事がある時・試験前日・旅行先などさまざまな原因がありますが、通常は数日から数週のうちにまた眠れるようになります。

しかし時には不眠が改善せず1ヶ月以上にわたって続く場合があります。不眠が続くと日中にさまざまな不調が出現するようになります。倦怠感・意欲低下・集中力低下・抑うつ・頭重・めまい・食欲不振など多岐にわたります。このように「長期間にわたり夜間の不眠が続き」「日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する」、このふたつが認められたとき不眠症と診断されます。

睡眠時間には個人差がありますので必ずしも7時間、8時間寝れないから不眠というわけではありません。日常生活に支障が出ていなくて特に問題がない場合は不眠症とは診断されないようです。

不眠症のタイプ

①寝つきの悪い「入眠障害」

②眠りが浅く途中で何度も目が覚める「中途覚醒」

③早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」

ある程度眠ってもぐっすり眠れたという満足感(休養感)が得られない「熟眠障害」です。

大部分の不眠症にはそれぞれ原因があり対処法も異なります。薬が必要になってくるものもありますので全ての不眠症に対して効果が見られるわけではありませんが、当院で治療可能なものが最近コロナ禍でストレスにより不眠になっている方も多いと思いますが、ストレスからくる自律神経の乱れによる不眠症に対してアプローチする事ができます。

ブログでもよく書いていますが自律神経系を調節し整えてあげる事で不眠もかなり改善が期待できます。体の歪みを整えてあげるだけで効果はありますが鍼灸治療を併用することでより効果を上げる事ができます。毎回になりますが自律神経系の調節に行う鍼は痛くないので初めての方でもすんなり受けて頂くことができていますのでまずは一人で悩まずにご相談下さいね!

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索

インスタもやってます。治療風景なども投稿しているので見てみてください。いいね👍とフォローもしてね😘

QRコードはこちら↓↓↓↓↓↓

IMG_4370.jpg

tiktokもやってます。

↓↓↓↓↓↓

@machino.kishiwada

※画像はお借りしています🙇‍♂️