この時期に多い…

急性腰痛の鍼灸治療 岸和田 ブログ&お役立ち情報

急激な痛みにご用心

こんにちは!
今日は前にも書いていますが急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)についてですが今回は僕自身の話をしようかなと思います。普段は治療をする立場ですが、我々も人間ですので痛みが出ることもあります。
つい先日起こったことをお話ししようと思います。
もともと腰に違和感程度はありましたが耐えがたい痛みがあったわけではなく急激な痛みが出た際も特に重いものをもったりとか捻ったりした覚えもありませんでした。急性腰痛にもいろいろ種類がありこれが原因というものはありません。主に関節や筋肉に問題があることが多いです。炎症が起きている場合もありますが今回の僕の場合は炎症が起きているような感じではなく完全に筋肉が緊張して関節がロックしているような感じでした。ちょっと動くだけでも激痛で体勢をかえるのも厳しい状況でした。痛みが緩和した今なぜ痛みが出たのか考えてみました。痛みが出た前日に長時間シュレッダーをかけていてその後イスに座っていたのですがその際に足が冷えてる感じがすごくしていました。
そう聞いてもそんなので腰が痛くなる?って思いますよね。僕の見解ですがシュレッダーをかける際に前傾姿勢で同じ場所に立っていたので背部の筋肉(姿勢保持筋)の筋緊張が高くなりその後の座りながらの冷えによって血流がさらに悪くなりキャパオーバーしたような感じだと思います。
これは患者さんにもよくあることなんですが自分では自覚症状がなくても体には負担がかかっていてある日突然キャパオーバーして激痛が発生する。分かりやすく説明すると、満タンの水が入ったコップに一滴ずつ水滴が加わっていきます。表面張力で溢れそうで溢れない寸前の状態がしばらく続きます。ですが最後の一滴が💧加わった瞬間勢いよく水が溢れ出します。分かりやすくないですかね😅
なんとなく分かってもらえたらありがたいです🙇‍♂️

こういう話を聞くとメンテナンスも大事なんだと思いませんか?実際メンテナンスしていても痛みが出るときは出ます。ですが治るスピードが違いますし痛みの大きさも違うと思います。僕自身人の治療をしている立場なので今回の件で改めてメンテナンスしないといけないなと思いました。
当院にはフィジシステムという超音波治療器があり今回の治療にも使いましたがかなり効きます。
フィジシステムについては
↓↓↓↓↓↓
https://genkinamainichi.com/useful/introducing-the-latest-ultrasonic-therapy-device/

に書いてますので読んでみてください!

急激な痛みに対しても最短で痛みを取る治療を提案させていただいてます。痛みが緩和された後もトレーニング指導などさせてもらってます。

 

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索

インスタもやってます。治療風景なども投稿しているので見てみてください。いいね👍とフォローもしてね😘
QRコードはこちら↓↓↓↓↓↓