筋挫傷

今日は、筋挫傷について書きますね!

こんにちは!まちの整体整骨院の藤野です。

筋挫傷:外部からの強い介達外力(介達的な衝撃)が身体にかかり、筋肉を損傷することなどを言います!

例えば、サッカーやラグビーなどの激しくぶつかり合うスポーツで相手選手と接触した際に筋肉の損傷が起こるものを筋挫傷と言います!

その他にも、転倒して手をついた時、強く打ち付けて筋肉を損傷する場合も筋挫傷になります!

「肉離れ」という用語と混同して使われますが、ものによって定義が違っています(>_<)

打撲っていう言葉はご存知ですよね!(^^)!

転倒して痛みが出たことを打撲って言うんじゃないかと思う方もいます。

ですが打撲と筋挫傷はほぼイコールですが、言葉の意味が違います。

・筋挫傷→打撲などの怪我で起こった現象を指す。

・打撲 →怪我の種類・怪我の仕方を指す言葉。

なので打撲によって筋挫傷が起こったというのが正しい表現の仕方です( `ー´)ノ