指の変形性関節症

指の変形性関節症の治療 岸和田ブログ&お役立ち情報

指の関節が痛い

お久しぶりの患者様が来院されました。
「指の関節が痛くて、整形外科にいったらへバーデン結節って言われて湿布だけもらってんけど、痛みが全然取れなくて来ました。」
「これって治ります?」
「う~ん、指の関節の変形は治らないですが、痛みを緩和することはできるので治療していきますね」

人差し指の第一関節に炎症が起きていてだいぶ痛みに敏感になっているようです。
このへバーデン結節、40歳以上の女性に多く起こる病状です。
指の第一関節の背側に出来た場合はへバーデン結節といい、第二関節ならプシャール結節、母指の付け根なら母指CM関節症と呼んでいます。

主に加齢や指先の過度の使用で起こると言われてきましたが、現在では更年期による女性ホルモンの変調やストレス体質なども関係していると言われています。
件の患者様も更年期が始まったなんてことを以前に来院していたときにおっしゃっていました。
仕事は常にストレスに曝されていて、よく仕事の忙しさの愚痴を聞いていたの思い出します。

「お母さんもなっててんけど、これって遺伝するもんなんかな?」
と質問されましたが、遺伝性は解明されていないようです。
ただ親子や姉妹で同じ症状が高い確率ででることはあるようです。

症状としては人差し指から小指にかけての第一関節に炎症が起こり、腫れたり、痛みに過敏に反応します。
そうすると手を強く握ると痛かったり、指を曲げる際にこわばりを感じたり、酷い時には安静にしていても痛みを感じたりするようです。
第一関節にピリピリやチクチクした痛みがある、指先に力が入りにくい、ぶつけたらめちゃくちゃ痛い、腫れている、変形しだしたなんて徴候がでれはへバーデン結節の可能性が疑われます。

治療は手術などはあまり一般的でなく、保存療法がメインです。
腫れや熱感があれば炎症を鎮静化するために当院ではオステオトロンを用いて、疼痛の緩和に当たっています。
オステオトロンとは本来は骨折の早期治癒に開発された超音波機器ですが、近年の臨床では変形性関節症の治療にも使われている医療器です。
手指から前腕部の筋肉をほぐしてからこれらの機器を用いると早期に痛みが多いので同様の痛みでお悩みの方は是非、ご相談ください。

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索。

tiktokもやってます。

↓↓↓↓↓↓

@machino.kishiwada