新型コロナウイルス対策で行っていること。

ブログ&お役立ち情報

消毒の徹底

政府が新型コロナウイルス感染の増加に伴い、緊急事態宣言を首都圏の1都3県に1月7日付で発令しました。
また、大阪でも6日に初めて500人を超える560人の感染者を確認し、7日には607人が確認されました。

そんな記事を見て、改めて当院に通う患者様が安心して来院してもらうために当院が当院が取り組んでいる「新型コロナウィルス対策」を紹介していきたいと思います。

〇基本は消毒の徹底!
目に見えないウィルスです。
何をおいても消毒が大事!
来院した際にはまずアルコールでの手指の消毒をお願いしています。
施術スタッフも患者様に施術する際、1回1回常に消毒を行ってます。
入り口の待合室に設置してますので、来院した際は忘れずにお願いいたします。

使用後のベッドはコロナ禍以前から次亜塩素酸水での消毒および清掃をおこなっていますが、より患者様が手を着くだろう場所を想定して消毒しています。
次亜塩素酸水は毎週金曜日に専用の機械で作成し、無料配布していますので、500mlのペットボトルを持参していただけたらお渡しできるようにしています。

スリッパも次亜塩素酸水で使用したその都度、こまめに消毒を実施。
これについては、以前、コロナが流行りだした時に「コロナウィルス対策で不安に思っていること」という院内アンケートを患者様に実施した際に寄せられたご意見で、自分たちだけでは出なかった対策でしたので、有難くご意見にしたがって直ちに実施しました。

〇飛沫感染予防にマスクを
院内ではマスク着用でお願いしています。
もちろん、スタッフも常にマスク着用です。
コロナが流行りだして、常にマスクを着用をしているので、何かの拍子にマスクを外したお顔を見た場合、少し名前を思い出すのに時間がかかるのが最近の悩みです。

〇体温チェック
毎日、スタッフの検温を実施しています。
コロナ感染初期の頃、令和2年の2月以降に政府が「37度5分以上の発熱が4日以上」と発表し、その後、5月8日に「37度5分以上」の表記を取りやめましたが、やはり検温は健康のバロメーターの1つです。
発熱がないだけでも安心を与えられると考えています。
ちなみに厚生労働省では、「発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合」、まずは全国の保健所の「帰国者・接触者相談センター」などに相談してほしいとしています。

〇院内換気
定期的な院内換気はもちろん、乾燥する時期ですので加湿器とオゾンで空間の除菌・消臭をするフレッシュ プロを設置しています。
人体に影響しない0.1ppm以下のオゾンで院内の壁やベッドにウィルスが付着する前に除去・除菌する優れものです。

こういった新型コロナウイルス対策を実施しております。
これからも安心して通える整骨院を維持していきますので、筋肉や関節、神経の痛みでお悩みの際は気兼ねなくご相談ください。

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索!

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。