当院のコロナ対策を紹介。

院内設備

患者様とスタッフの安全対策

毎日のようにテレビやネットからコロナ感染の情報が伝えられ、不安な日々が続きます。
現在、大阪は3回目の緊急事態宣言の最中です。

そうはいっても身体が痛い方、治療が必要な方にとっては「不要不急の外出」に該当しないので、少しでも健康を取り戻すために当院を訪れてくれてます。

そういった方の感染症対策ともちろん自院のスタッフを守るためにコロナ感染症対策を講じております。

〇手指の消毒の徹底
院内入ってすぐにアルコール除菌スプレーと次亜塩素酸水のスプレーを設置しています。
患者様には来院時に手指の消毒と帰る際にも手指の消毒をお願いしています。
もちろん、施術者は施術毎に手指の消毒は徹底してます。
紙幣に付着したコロナウィルスは約1週間生きていて、新型コロナウイルスの感染の可能性があることを受けて、受付にてお金を触るスタッフはその都度、手指の消毒を行っています。

〇定期的な院内換気
換気の悪い密閉空間にしないように定期的に玄関ドアを開けて換気を行っています。

〇うがい
新型コロナウイルス対策として、うがいにどれだけの効果があるかは専門家も明らかにしていませんが、のどを潤して湿度を保ち、口腔環境の改善は普通の風邪を考えても有効であると考えて行っています。

〇ベッドやカウンター、スリッパの消毒
コロナ禍以前からベッドの消毒は取り組んでいることですが、それに加えてカウンターやスリッパなど接触がある場所やモノに対しての消毒も徹底して行っています。

〇マスクの着用
新型コロナウイルスは基本的に飛沫感染で感染していきます。
という訳で、スタッフはもちろん、患者様もマスクの着用をしての来院でお願いしています。
「車の中ではマスクを外していたから、ついそのまま来てしまった!」
なんて方もたまにいらっしゃるので、そういった方にはマスクを無料で配布しています。

〇院内空間除菌
「空間除菌装置 フレッシュプロ」によりオゾンによる徹底抗菌をしています。

〇検温
来院時に毎回、検温をお願いしています。
感染症法の定義に従い、37.5度以上の場合は来院をお断りしています。
もちろん、スタッフも毎日検温をして受付のカウンターにボードでその日の体温を表記しております。

〇トイレを流す時は蓋を閉めて流す
当院ではクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での「感染者の部屋でのウイルスの痕跡が多く検出されたのがトイレの床だった」ことを受けて、患者様にはトイレの使用後はトイレのふたを閉めて流すようお願いしております。

こういった環境を整えて、ホンマにしんどい方の痛みやその原因を取り除く治療をしています。

筋肉、関節、神経の症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。