ボソッとひとこと25

今回は扁平足についてです。

 

扁平足とは足の症状で

多くの人が発症しています。

 

扁平足→土踏まずがない

内側縦ア−チと言われる部分がない

状態であり、地面に足の裏全体が付いている

状態のことです。

 

扁平足がすべての人に悪い影響があるという

訳ではなく、生活に影響ない場合もあります。

 

しかし、扁平足の症状がひどくなってしまうと

体重が分散させることが出来なくなり

歩くだけでも痛みが出てしまいます。

そのため長時間歩くことが出来なくなったり

スポーツが行えなくなってしまったりします。

扁平足は誰でもなってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

時々、土踏まずの確認をする

 

正しい足の状態では、床に立った時に足裏の内側に空間ができます。

空間がなく、ぺたんと付いてしまった

場合は

扁平足の可能性があります。

しばらく歩いたあと、スポーツの後に

確認してみると隠れ扁平足も

確認しやすいです。

 

○扁平足にならない歩き方

扁平足は改善できます。

扁平足にならない歩き方は

踵から地面につけて足のア―チの部分に負担がかからないように踵に

重心が掛かるように

歩いてみましょう。

意識しながら踵から地面に付けるように

歩くように心がけるだけで

扁平足の予防になりますよ。

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索。

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。