太ももの内側が痛いのはなぜですか?

こんにちは~!

岸和田まちの整体整骨院の山内です(^^)

5月も半分が過ぎましたね~

暑くなったかと思ったら

朝晩は寒くなったりしています。

体調管理がなかなか難しいですが、

お出かけの時は、カーディガンなど

羽織ものを忍ばせておいた方が

いいかも知れないですね~

さて、今回のテーマは

太ももの内側が痛いのはなぜですか? 

です。

腰が痛い場合は股関節のストレッチや

大腿の内側を伸ばすことがあります。

その時にすごく痛がられる事があります。

ピリピリしたり、大腿の内側に 

痛みが出たりとするので、

坐骨神経痛の症状に似ています。

○閉鎖神経痛

実は、坐骨神経痛と同じ種類の症状なのですが、

股関節、鼠径部、太腿の内側から膝に痛み、

太腿の内側に痺れる症状が出ることも

あります。

閉鎖神経の痛みは高齢の女性が

多いと言われています。

閉鎖神経に痛みが出る原因とは、

太腿の内側を支配している

神経が何か理由があり、何か障害を受けてしまい

神経痛が出てしている状態です

ここが硬くなってしまうと

このような症状が表れます。 

皆さんはどうでしょう?

・鼠径や太腿の内側の痛み

・しびれやピリピリチクチク感がある

・歩いている時や太腿を閉じた時に

痛みがある

・ピン!となっているような痛みがある

・太ももの内側の感覚障害

思い当たる事はありましたか?

普段の姿勢の悪さや足を組む事が多い方、

お姉さん座りをされている方も

ご注意くださいね。

そして、先程にもお伝えしましたが、

高齢の女性の方に多いです。

腰や股関節の手術や骨盤周りや足の筋力が

落ちてしまったり、日常生活の中で

外閉鎖筋が緊張することで

大きな負担がかかってしまい、

閉鎖神経に痛みがでてしまいます。

○対策

スポーツからで痛みが出ている方は

太腿の痛みを改善するストレッチを

してみましょう。

ストレッチを続けることで

筋肉が伸ばされて、結構が良くなるほか、

痛みが早く改善することができます。

太腿の前側を伸ばすには

大腿四頭筋のストレッチをしてみましょう。

まずは、椅子を用意します。

では、椅子に座って頂き、

椅子に座った姿勢で両足を開きます。

両膝に手を当てて骨盤を前に倒します。

お相撲さんが土俵に上がって準備体操のように

しこを踏んでいる姿をイメージしてくださいね☆

このストレッチで内ももにつく内転筋群を

伸ばすことができます。

そして、姿勢を正しくを意識してみてくださいね(^^)

同じような症状でお悩みの方は是非、
岸和田まちの整体整骨院
までお越しください!
GoogleMAPを活用の方は
こちら
を検索。
岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。


同じような症状でお悩みの方は是非、まちの整体整骨院 岸和田院までお越しください!

GoogleMAPをご活用の方は、まちの整体整骨院 岸和田院を検索!

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。



(2024年5月16日)

最新記事です。



 

予約問い合わせLINE姿勢分析無料