手を使ったあとやものを持ち上げた時、親指の付け根痛くないですか?

ブログ&お役立ち情報

こんにちは!

岸和田まちの整体整骨院です!

患者様の中にも指が痛いという

症状の方もチラホラ。

毛糸の編み物やスマホを使いすぎて

また、お仕事で

手や指を傷めていませんか?

今回のテーマは

親指の付け根が痛い腱鞘炎

です。

腱鞘炎の「腱鞘」とは、

骨と筋肉を包んで腱が

スムーズに動きやすい支え

働いてくれているのですが、

腱鞘炎とはこの腱鞘と腱が擦れあって

炎症を起こしている状態です。

一度は聞いたことがあるかも知れません。

ひとつ目は

○ドルゲバン病

親指の下のところが痛い、

物を持とうとするとビリッと

手首の上が痛くなる。

 

これは手の腱鞘が腫れて

手の親指の付け根や手首の部分に

症状が出る、

これを狭窄腱鞘炎別名

ドルゲバン病と言います。

 

ドルゲバン病は親指を伸ばしたり

広げたりしている腱が

それを包み込んでいる腱鞘との間に

炎症を起こす腱鞘炎です。

酷くなると手の甲が腫れてしまったり、

痛みが起きて、親指を曲げたり

広げたりすると

手首が痛みます。

2つ目は

○ばね指

 

更にこれが進み、

親指の付け根のふくらみに

症状が出るものを

ばね指と言います。

 

ばね指は指を曲げたり伸ばしたりする時に

バネのような引っ掛かりがあります。

指の曲げ伸ばしの働きをしている腱と

その腱が浮いてくるのを押さえる

役目をしている

靭帯性腱鞘の間で炎症が起きて

手のひら側の親指や人差し指や

中指の付け根が痛むことがあります。

 

指の付け根が痛み、

親指を開こうとすると

バネが弾けるように指が弾ける

「バネ現象」があります。

 

腱鞘炎を起こしやすい方というのは、

・グリップやボールを握るスポーツ

・パソコンやマウスを使う仕事

・ビアノや指を使う音楽をしてる方

また、更年期の女性や妊婦の方にも

多いのですが、これには

女性ホルモンの分泌が関連しているとも

言われています。

予防としては手を休ませてあげる日を

作るのが一番いいのですが、

子育てや仕事をしている時

よく手指を使う方はなかなか

むずかしいですね。

そんな時には、キーボードを使うときに

クッションを腕の下に入れたり、

サポーターを使うのもおすすめです。

スマホをよく使う方は両手で操作すると

片手で操作するより負担が少なくなります。

 

痛みや炎症がある場合は

アイスノンやアイシングシートで

冷却しましょう!

なるべく動かさないように注意して

くださいね!

 

同じような症状でお悩みの方は是非、

 

岸和田まちの整体整骨院

 

までお越しください!

 

GoogleMAPを活用の方は

 

こちら

 

を検索。

 

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。

 

営業時間外もLINEでご予約いただけます

まずはお気軽にご相談ください

0724305020

営業時間外もLINEでご予約いただけます

目指せ!顧客満足度No.1

住所
〒596-0047
大阪府岸和田市上野町東8-16
診療時間
月・火・水・金
9:00~12:00, 14:00~19:00
土 9:00~14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線和泉大宮を線路より海側すぐ

まちの整体整骨院

0724305020

営業時間外もLINEでご予約いただけます

ブログ&お役立ち情報
このページをシェアする
まちの整体整骨院をフォローする
まちの整体整骨院