朝起きたら体がダルイ。その枕自分にあってる?

ブログ&お役立ち情報

こんにちは~

岸和田まちの整体整骨院の

山内です!

 

最近、首が痛くて、枕が合ってないんかなぁ~

という患者様が多いように思います。

私自身も枕が合わなくて、首が痛くなって

寝違えたみたいに動かなくなった

ことがあります。

枕って難しい!!ですよね?

 

さて、今回のテーマは

「枕が合わない、自分に合う枕の

探し方」

です。

 

合わない枕を使っていると、

肩こり、首こり、頭痛、不眠、いびき

など、

合わない枕で寝ていると様々な不調を

きたすと言われています。

 

枕の高さが合っていないと、

首が変な方向に曲がり、

首の骨に負担が掛かってしまいます。

仰向けになった時に枕の高さが

後頭部より高すぎると、

頚椎が圧迫されて頭痛や肩こりの原因

となってしまいます。

枕が首部分より高すぎると、

顎が上がって、口呼吸になってしまいます。

 

では、枕が合っているということは

どんな状態なのでしょうか?

 

まず、

①マットレスと首の隙間が埋まっていること。

 

頭って結構重いです。

マットレスと首の隙間が埋まっていることで

約6kgの頭の重みを広い面で分散できます。

これを「頭圧分散」といいます。

確かに!

頭の重さを分散して

頭を受け止めてくれたら

非常にフィットして安心しますね。

 

②理想的な寝姿勢がとれていること。

 

人によってはうつ伏せだったり、

横向きだったり寝方も人それぞれで

フィット感も違いますよね。

これも重要ですね。

 

③素材が体質にフィットしていること。

 

アレルギー体質の方は特にですが、

例えば枕の中身が羽毛だったり、

そばがらを使ったものならば、

そばアレルギーの方はアレルギーが

でてしまったり、喘息の方ならば

独特のニオイに反応してしまい、

気分が悪くなる場合もありますよね。

枕のフィット感もですが、

素材にあったフィットするものを

選びたいですね。

 

今は枕の専門店もあったりして

オーダーして自分に合う枕を作ってくれる

お店もあります。

少し高いですが、自分が安心できるものなら

高くないお買い物かもしれませんね。

詰め物が傷んできたら中綿を

変えてくれたりしてとても安心して使えます。

私自身は枕が合わなくて首を痛めてしまった

ことがあるので今はタオルを使用しています。

「枕難民」という言葉もありますが

自分に合った枕が見つかるといいですね!

 

 

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。