大人の側湾症の原因とは?

ブログ&お役立ち情報

こんにちは!

岸和田まちの整体整骨院の山内です!

今回は、大人の側彎症の原因とは?

です。

側弯症とは、正面から見ると

真っ直ぐに並んでいる脊柱が

捻れて左右に曲がっている病気のことです。

症状は軽度の場合はほとんど症状はなく、

背骨の変形が強くなると痛みが出たり、見た目に分かるようになります。

別な原因はなく発症する突発性側弯症、

生まれつき曲がっている先天性側湾、

他の病気に伴って起こる、病原性側湾

また、思春期の女の子に発症する

思春期突発性側湾がもっとも多いです。

背骨が曲がってしまう病気では、

脊柱側弯症という病気がありますが、

多くは女性が発症することが多く、

特に思春期に発症して、成長に伴い

背骨が曲がってくるのですが、

基本的に痛みがなく、気づかないことが

多く、大人になってから肩の高さの

違いなどで気付く事が多いです。

側湾が強くなると背中や腰の痛みを

引き起こしたり、内臓が圧迫されて、

呼吸器や消化器などに異状が表れる場合が

あります。

○大人の側湾症の原因とは?

実は子供の頃から側湾症だったのに

大人になるまで気づかなかった、

大人になってから発症してしまった場合が

あります。

大人になってからの側湾症は

「機能性側湾症」て言われ、

怪我や打撲など交通事故などで

筋肉や脊髄のバランスが崩れて背骨が曲がって

起こります。

また、大人になってからの体の使い方が

関係している場合は

悪い姿勢での日常生活のくせや、

また、介護などで体に負担がかかる姿勢を

長い時間続けることで

今までと違う生活習慣でも発症すると

考えられます。

寝る時の姿勢で、楽だからといって

変な姿勢になっていませんか?

自分で気付いていなくても

痛みが出た時に、

あっあの時のあれが原因かも?と

思うこともあるかもしれませんね。

50代を過ぎてからは

腰椎変形性側湾症があります。

歳を重ねることによって

椎間板や関節が変形するもので

本来、まっすぐに積み重ねられている

背骨の椎体が左右に歪んだり、変形します。

怪我や打撲が治癒することで自然に

機能性側湾症は治ることがあります。

衝撃座強く場合によっては

体の歪みがそのままの状態になることもあります。

○後ろから見て逆S字の側湾症の方の

ストレッチ

左手でぶら下がるストレッチが良いでしょう。

反動をつけて両腕を体に巻き付けるように

回します。

足を動かさずに背骨を中心軸にして回転させ、

背骨を捻るとこを意識して行ないましょう。

左右10回ずつ行ってくださいね(^^)

同じような症状でお悩みの方は是非、
岸和田まちの整体整骨院
までお越しください!
GoogleMAPを活用の方は
こちら
を検索。
岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。