寒くなるとなりやすいぎっくり腰。岸和田まちの整体整骨院の考察

ブログ&お役立ち情報

寒くなるとなりやすいぎっくり腰

日に日に寒くなってきました。
朝、布団から出るのがツライ毎日です。

気温が下がって寒くなると、整骨院では「ぎっくり腰」の患者様が増えてきます。
今週もお一人、新患で来院されました。

発生機序は、
「天気がいいし、いつもより多くの場所を掃除していて、ベッドも移動させて掃除をしようとベッドを持ち上げた時に腰に激痛が走り、動けなくなりました。」
とのことでした。

ベッドの移動でぎっくり腰になる人はこれまでの臨床経験で結構いてます。
若い時の気持ちで運動不足の身体を使ってかなりの重量物を持ち上げる際になりがちです。
それにも増して、気温が下がって通常よりも筋肉が萎縮しやすくなっている時期はとくになりやすいようです。

それ以外でなりやすい傾向のある方は、デスクワークなどに従事している所謂いわゆる「座り仕事」をしている人です。
長時間のデスクワークなどで腰への負担が強くなり、身体反応が低下している午前中に発症しやすく思われます。

ぎっくり腰と言いますが、正式には「急性腰痛症」と言います。
腰部に加わった非生理的ストレスにより、腰痛を急性発症した状態をさしていて、骨折や椎間板損傷などがない状態です。
動作による痛みの悪化はあるが、馬尾神経や神経根障害、麻痺などは伴っていません。
レントゲン検査やMRIでもはっきりとした異常所見がないのも特徴です。

はっきりとしたぎっくり腰の原因は特定されてなく、原因となる可能性は多部位にありえます。
筋肉の捻挫・炎症を要しているものや腰椎の関節の捻挫・炎症を呈しているもの、または椎間板の外側にある線維輪に亀裂が入ったことが原因たることもあります。

診断は発症したときの状況や症状、病歴などから判断しています。
整骨院では、レントゲン検査などは行えないので問診と骨折しているのか、または神経根障害もあるのかの検査が重要です。
下半身にも痛みや痺れがある場合は、椎間板ヘルニアなどの病気が潜んでいる可能性があるので、整形外科での受診を勧めます。ぎっくり腰だと判断された場合は、炎症を抑える超音波療法と患部以外の筋肉の緊張を取り除き、一日でも早く日常生活に戻れるように治療を施します。

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索!

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の柔道整復師学を見る事が出来ます。

(参考文献:整形外科学 改訂第4版)