急に腰が痛くなって。

超音波治療 岸和田ブログ&お役立ち情報

ギックリ腰かなと思ったら

50歳代女性の方で初めての患者様が急に腰が痛くなって、横になっても歩くのも痛みがあると来院しました。

発生機序をお話ししていると、数日前から腰が痛いなと感じでいたが、今朝になってベッドから起き上がるのもきつい。
それでも家事などをこなして、買い物をしに車でスーパーに向かって車から降りる時に激痛がして動けなくなったとのことでした。

今は痛み止めを飲んでるが、それでも立ってたらマシだが歩くのも座っていても、さらに横になって痛みが強いとのことでした。

痛みが強いのが左側なのでそちらを上にして横臥位でベッドに横になってもらい、痛みがあるところの触診や検査をしていきますが、圧痛はありますがどうも急性腰痛捻挫ではなさそうです。
骨折も発生機序などを聞いていると除外しました。
分離症や狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなどが該当しますが、圧痛のあるところ以外の場所に神経痛などはでていない決めてにかけます。
炎症はしているので、超音波治療で炎症箇所に治療をして筋緊張をしている殿部の筋肉を緩めて、早急に整形外科でレントゲンを撮ることをお勧めしました。
次の日が休診日でしたので2日後に来院してもらい、整形外科でどういった診断がでたのかを聴くということでこの日の治療は終了しました。

2日後、患者様からご連絡を頂き、整形外科での診断で腰椎椎間板ヘルニアであることが分かりました。

腰椎椎間板ヘルニアとは、重いものを持ったりする職業など腰に負担をかけることで発症し、腰痛や神経症状などを引き起こす病状です。
20~40歳の方が発症することが多いとされています。
症状の悪化を防ぐには安静を保ったり、コルセットを着用したり、ブロック注射などを行いますが、痛みによってその周りの筋肉に筋緊張が強いられてしまい、なかなか痛みが引かなかったり、痛みによって姿勢が歪んで更に痛みを誘発したりもします。

現状は炎症もきついので、まずは超音波治療にて炎症を取り除くことを優先して、そののちに保存療法で筋緊張をしている筋肉の弛緩、温熱療法などをしていき、軽快を目指していきます。

2~3か月経っても効果のない場合や痛みが発作的に繰り返す場合は保存療法ではなく、手術的治療法となるので経過を観察しながら今後も治療を進めていく所存です。

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索。

tiktokもやってます。

↓↓↓↓↓↓

@machino.kishiwada