オスグッドシュラッター病

鍋が美味しい季節になりました。
こんにちは!まちの整体整骨院の藤野です。

最近来られた患者さんです。学生の陸上部なのですが「オスグッドシュラッター病」になってしまっている状態で来院されました。「オスグッドシュラッター病」というのは、10~15歳ぐらいの成長期の子どもさんになりやすい症状で、ボールを蹴る・走る・跳躍するなどのスポーツを無理をし過ぎる事によって大腿四頭筋に負荷がかかり、それの付着部である脛骨を引っ張る事により骨が変形し、炎症は起きてしまう症状です(>_<)

症状としては、膝の下の骨が出っ張ってきてそこが痛みが出てくるというものです。

治療としては、患部のアイシング⇒炎症症状の改善⇒大腿四頭筋をしっかりとゆるめていくという流れになります。治療の間は痛みが取れるまでは基本的にスポーツは禁止となります。痛みが取れた後も無理をし過ぎずに少しずつ負荷をかけていきましょう!((+_+))

また、膝に負荷がかかりやすい姿勢の改善も必要です。最近来られた患者さんは2回ほどの治療で痛みもほとんど無くなってきました(^^♪

学生で無理をする時期、無理をし過ぎる事で痛みがずっと続く事もあるので子どもだけではなく親も注意して見ていってくださいね!

ではでは