有痛性外脛骨について。岸和田まちの整体整骨院の考察

有痛生外脛骨って?

今回は、足首の内側の痛みで多い、「有痛性外脛骨」(ゆうつうせいがいけいこつ)についてお話させていただきます!

こんにちは!まちの整体整骨院の藤野です。

まず、「有痛性外脛骨」とは?
足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められます。
多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、これに痛みを伴うものを有痛性外脛骨といいます。
なぜ出っ張るのか?
舟状骨には、後脛骨筋という筋肉がついており、その筋肉が緊張する事で骨が引っ張られてしまいます。
後脛骨筋とは、下腿後面にある最も深い部分にある筋肉で、主に足首を下に曲げたり、内側に曲げる動作に関わっています。日常生活では、つま先立ちをする動作に関わっており、スポーツではランニングやジャンプなど、あらゆる動きに関わってきます。
その動作の繰り返しにより、筋肉がついている部分がはがれるようになり炎症を起こしているのです。

女子に多く、偏平足やハイアーチ(凹足)といわれる方に多く現れます。

本来ならば存在しない骨なので、骨の大きさだけ足首の内側が膨らみ、押すと痛みを伴います。靴を履いた時の圧迫や足首の動作で痛みが出るので、スポーツ活動に支障をきたします。

来院された患者様の中には、歩くことすら痛みを伴う方もおられました。バスケットボールをしている男子高校生でしたが、靴下の圧迫や靴の圧迫だけでも痛みが出るという状態で来られました。

当院では、MCRという微弱電流を使って炎症を抑え、傷めている部分の回復を図り、超音波治療で治癒を早める施術を行いました。また、足の筋肉のマッサージとストレッチはもちろんですが、体重のかかり方や姿勢をチェックし、足にかかっている余分な負担を取り除くように施術いしていきます。すぐにスポーツに復帰したい場合はテーピングも行っています。

下腿部の筋肉と足底筋、母趾筋にアプローチして施術を行ったところ、帰る頃には痛みが改善し、帰宅後や翌日には痛みが軽減し、スポーツをする事が出来ました!

予防にはストレッチが大切です!病院では「動かない様に!」とだけ言われ、シップと痛みどめの処方で終わる事も多いと聞きます。痛みが出ないような環境作りをしていくことも重要です!

筋肉と関節の専門家のアドバイス、
ストレッチやトレーニング法の指導も行っております!

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください!

今すぐ、岸和田まちのへGO!