側弯症

今日は「側弯症」の患者さんが来られました。

 

こんにちは!まちの整体整骨院の藤野です。

「側弯症」というのは、体を正面から見た時に背骨が横に曲がってしまう症状の事をいいます。原因としてはよくわからない事が多いのですが、成長期に起こりやすいと言われています。

成長期を過ぎると側弯症自体の進行は止まるのですが、側弯症になったことによる体の負担については取れてくれません。側弯自体の治療ももちろんですが、側弯になった事による体への負担も取っていかないと、体の不調が出てきます。

当院では側弯に対して進行を抑える&改善の為に筋肉の調節・関節の調節を行い、体を支える筋力のアップのためのトレーニングを実施しています。

早期に発見して治療することが大事になりますので子どもさんの姿勢がおかしいな?と感じたら一度姿勢のチェックに来ることをおススメします。