ぎっくり腰

こんにちは!まちの整体整骨院の藤野です。今日はぎっくり腰の患者さんが来られたのでぎっくり腰について話していきますね。

腰の急性の捻挫です

ぎっくり腰とはそれ自体は病気の名前ではありません。
病名としては、腰椎捻挫と呼称されます。

定義としては、「腰部に加わった非生理的ストレスにより、腰痛を急性発症した状態」を指します。
鑑別診断として、骨折や椎間板の損傷などが除外される必要があります。
ぎっくり腰では、馬尾神経の障害や神経根の障害による痺れや疼痛は伴いません。

もっと簡単に例えると、腰の筋肉の疲労が溜まりオーバーユーズによって炎症が起きたり、筋肉の繊維が何かの拍子に断裂したり、関節が固まり、動かす時に筋肉の伸張力に不備が起こりることで炎症が起きたりしてしまう事を全般的に「ぎっくり腰」と一般的に呼称しています。
そういったわけで、症状で言えば色んな状態や痛みの出る場所が人によって違いがでできます。

ほとんどの場合が炎症を起こしている痛みになります。
そういったことから、動かさなくても激痛があっったり、動くのも辛いといった症状の場合が多いです。
今日来られた患者さんも歩くのがやっとといった状態でした。

治療としては、まず痛みによって、行動が制限されて血行障害がでることにより固まってしまった炎症近位の筋肉を中心に緩めていきました。
炎症が起きている部分には、直接的手技療法を施すと疼痛を誘発するので、深部加熱を使う変換熱療法の1つである超音波療法と電気療法に分類される低周波電流療法を組み合わせて行う治療法を施し、炎症を鎮静化すると共に痛みを誘発している筋肉が動かす関節の可動域を拡げて動作痛を抑制するように努めました。

治療の効果が出て、帰るときには普通に歩けるようになっていました。
体も骨盤の歪みが脚長差を確認した際に認識できたので、骨盤の上に伸びる脊柱も同様に歪みを発し、それもぎっくり腰を発症する原因の一つなので今後、同様のことが起きないように根本治療として治していきたいと思います。

まちの整体整骨院では様々な症状に色んな角度からアプローチして効果を出していきます!

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索!

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。
(参考文献:整形外科学 改訂第4版、柔道整復学・理論編 改訂第5版)