痺れについて

痺れに効くツボ 岸和田 ブログ&お役立ち情報
クリスマスも終わり、
今日は気温が6℃とめちゃくちゃ寒い一日でしたね。
雪が積もっている場所も多いのではないでしょうか?
風邪など引かないように気を付けてくださいね(^^)さて、今回のテーマは
痺れについてです。◯痺れとは?
皮膚の感覚がピリピリ、ビリビリする等、異常な知覚の事を言います。

例えば、長時間正座で座っていて立ち上がる時にピリピリした感覚、

指で触ってみても何となく感覚が鈍い感覚がします。

他に、

『鍼で刺されたような感じ』

『何もしなくてもピリピリじんじんする』などの異常感覚、

『手足に力が入りにくい』

『動きが悪い』などの運動麻痺を痺れと表現する場合もあります。

脊髄に異常があり頚や腰の神経を圧迫することによって生じるしびれの症状もあります。

◯しびれを引き起こす病気

しびれを引き起こす病気としては、

糖尿病、ビタミン欠乏、

手根管症候群、ギランバレー症候群

脊椎板ヘルニア、脊柱管狭窄症、

帯状疱疹などがあります。

◯坐骨神経痛

腰椎と仙骨と呼ばれる場所から伸びている末梢神経で腰から骨盤~お尻~太腿~下腿の後面から足先まで通っています。

その坐骨が何らかが原因により、締め付けられて、お尻から足にかけて痛みやしびれが出る症状を総称して

坐骨神経痛と言います。

実は私自身も坐骨神経痛があり、同じ症状が出ます。

そんな時は、お風呂でゆっくり暖まって、ストレッチをしてあげると楽になり、落ち着くことがあります。

今、診させて頂いている患者様で右足にしびれている症状が続いておられる患者様がいます。

最初は坐骨神経痛からの症状と思っていたのですが、

痛みの場所から太腿神経が関係していることが分かりました。

太腿神経への手技のアプローチ、お灸を太腿の位置に据えることで、しびれの改善に繋がりました。

お灸をすることで温熱効果、自然治癒力を高めてくれじんわりじんわり効いてくれます。

◯しびれに効くツボ

☆足三里(あしさんり)

膝のお皿のすぐ下

外側のくぼみに人差し指を置き、指幅4本分そろえて小指があたっているところが足三里です。

→足先へ向かう血管、神経の流れを促す。

☆陽陵泉(ようりょうせん)

膝の外側にある出っぱりのすぐ下のへこみが陽陵泉です。

→足先へ向かう血管、神経の流れを促す。

◯血行不良によるしびれを改善するには

・身体を温める

血行和良くするにはとにかく温めましょう。

血管は冷えると柔軟性が無くなり、老廃物が溜まりやすくなります。

老廃物が溜まった血管は血液の通り道が細くなってしまい、その結果、血行不良になってしまいます。

ナッツ類にはビタミンEがたくさん含まれ、血行不良は原因の肩こり、冷え性に良いです(^^)

次回もお楽しみに!

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索