妊娠中の治療

今日は妊娠中の患者さんが来られました。今日は妊娠中の治療について紹介しますね(^_-)-☆

こんにちは!まちの整体整骨院の藤野です。

当院では基本的に安定期に入った妊婦さんの施術に関しては、特にお腹が張っていたり、体調が優れない場合を除いては施術させていただいています。
※妊娠初期の方に関しては患者さんとご相談させていただいてからさせていただく事もございます。

妊娠中というのは、お腹が大きくなることにより体全体の血流が悪くなりやすく、特に下半身にむくみが出やすくなります。もちろん、お腹を支える腰回りにも負担がかかることで腰にも痛みが出やすくなります。更に妊娠後期になってくると股関節であったり、寝る姿勢も安定しないため肩や首にも負担がかかり痛みが出やすいです。

今日来られた患者さんは妊娠6か月半で、腰の痛み・足のむくみが出ていました。

治療としては、足のむくみに関してはクリームを使ったフットマッサージで足の血流とリンパを流していきました。腰の治療はだいぶ硬くなっている筋肉をしっかりと調節していきました。

治療後は両方の症状ともだいぶマシになってくれました(*^▽^*)妊娠中は常に体に負担がかかるのでしっかりケアして元気な赤ちゃんを産めるようにしていきましょう!(^^♪

ではでは