こむら返り。

こむら返り

先週末に岸和田ではだんじり祭りがあり、大勢の岸和田っ子で盛り上がりを見せました。
しかし、普段から何かスポーツや運動をしてるわけではない一般の方がパフォーマンスをしてるので、やはり、何かしらの不具合が出て整骨院を訪れます。
今回の症例報告は既存を患者さんでだんじり祭りの試験曳きで足に不具合が出たようです。

主訴・本日の状態

ふくらはぎがつりそう。

年齢:30代前半。
岸和田市在住。
建設業。
試験曳きの帰り。

H31.2に初来院。

原因・機序

試験曳きでの長時間走ったことにより、足がこむら返りを起こそうとしている。
だんじりの屋根にいてる人からのサインを見逃さないように常に斜め上を向く姿勢をしていた。

施術者の見解 治療内容

試験曳きで下腿がつる程負担がかかっている。
だんじりを見上げる姿勢が続いて頸と腰に強いはりを認める。
こむら返りの手前と判断する。

こむら返り
筋肉の意識しない持続的な強直性収縮で、筋肉の攣縮れんしゅくを示し、有痛性です。
こむら返りが生じると筋肉は硬く収縮してしまい、局所の筋肉は硬く膨隆します。
筋攣縮の持続時間は数秒から数分であることが多く、特に激しい運動の後や泳いだ後、睡眠中に見られることが多いです。
その中でも睡眠中のこむら返りは眠気が吹き飛ぶほどの激痛が襲い、起床後に筋肉痛や寝不足も誘因します。
対処法として、運動前後にはストレッチをし、発汗後には十分な水分補給と電解質(ナトリウムとカリウム)を摂取しましょう。
腓腹筋でのこむら返りが起これば、膝の屈伸運動や足趾の伸展で症状が改善します。

足底を指圧していき、足底の縦アーチの負担をとっていきます。
足底から下腿にかけて、激しい運動により若干の熱を持っているのでソフトなアプローチを心がけました。
普段と同じぐらいの掌圧を下腿に加えると、揉み返しと炎症を増悪する可能性があるので、踵を持ち上る振動法と下腿に対しては、手のひらで軽く圧を加えながら擦り上げていく軽擦法でアプローチしていき、患者さんの様子を確認していきます。
炎症の程度が低く、手のひらでの押圧に耐えられることを確認してから、軽めの掌圧で下腿と大腿を弛緩していきます。
走ることが多かったために姿勢筋である前脛骨筋の張りが強く出ているので弱めの指圧で弛緩していきます。
足関節の負担が多々出ているので、関節を柔軟にしていき、また関節可動域の拡大を得るためにけん引をしていきました。
同じ方向を長時間見上げることが多かったために、腰部と頸部に強く張りが出ているので、腰と頸はしっかりと弛緩とストレッチをしていきます。
横臥位でも腰・殿部と頸、とくに胸鎖乳突筋を弱めの圧で弛緩していきます。
胸鎖乳突筋については、揉み返しがしやすいので注意して軽めに指圧を入れていきます。
カイロベッドのフリクションで腰を伸ばして手技療法から吸玉療法に移行していきました。

吸玉療法では腰と殿部、肩周り、膝窩につけて、下腿は反復吸引法でしていきました。

反復吸引法
普段に院で行っている一定時間吸玉を抜缶する留缶法と違い、吸玉カップを陰圧で吸引し、ただちに外して、また吸引をする操作を繰り返す方法。
強い刺激を与えたいときに用います。
急激に起こった筋肉痛、とくにこむら返りに特効があります。

最後に、明日が本番なので、テーピングを踵から膝窩手前までを3本、両下腿にしてその日の治療が終了しました。

ふくらはぎのつり防止のテーピング方法

キネシオテープを用意し、3本を踵からひざの裏まで測ってカットします。
1本目→足首を直角に維持し、踵の下から膝の裏まで引っ張らずに真っ直ぐに貼ります。
2本目→踵の下で1本目と重ねるように貼り、膝の内側に向かって引っ張らずに貼っていきます。
3本目→踵の下で1本目と2本目に重ねるように貼り、膝の外側に向かって引っ張らずに貼っていきます。
長時間、貼り続けると皮膚がかぶれることがあるので、注意しましょう。
また、外すときはお風呂で外すと皮膚を引っ張らずに外せるので、痛みが軽減されます。

治療計画

だんじりが終わって数日後にはメンテナンスにくるとのことなので、しっかりと下腿や腰、疲労をとる手技療法と吸玉をしていく。
急性の炎症があれば超音波治療もする予定です。

十月半ばに、岸和田ではもう一度、だんじり祭りが開催される予定なので、それが過ぎるまでは同様に症状の方がこれからも増えそうですので、しっかりとサポートしていきたいですね!

同じような症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方は

こちら

を検索!

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。

(参考文献:抜缶療法の臨床応用、Wikipedia)

営業時間外もLINEでご予約いただけます

まずはお気軽にご相談ください

0724305020

営業時間外もLINEでご予約いただけます

目指せ!顧客満足度No.1

住所
〒596-0047
大阪府岸和田市上野町東8-16
診療時間
月・火・水・金
9:00~12:00, 14:00~19:00
土 9:00~14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線和泉大宮を線路より海側すぐ

まちの整体整骨院

0724305020

営業時間外もLINEでご予約いただけます

症状についての報告
このページをシェアする
まちの整体整骨院をフォローする
まちの整体整骨院