骨盤ベルトのついて。岸和田まちの整体整骨院の考察

筋肉と関節の専門家ブログ

骨盤ベルトってつけてます?

産後の骨盤矯正をする方にいつもする質問があります。

「骨盤ベルトって持ってますか?」

持っていると答えた方には、

「妊娠中と子供が生まれてからと、骨盤ベルトってつけてます?」

今のところ、当院に来院された方では、妊娠中は着けてたけど、子供が生まれてからの産後で骨盤ベルトを使用していた方はゼロです。

整骨院への来院の目的が、産後の骨盤の歪みから来る腰痛であったり、股関節の痛みであったり、下半身の産後太りやむくみの改善であったりするのですが、それを補正する骨盤ベルトを利用してなく症状を悪化された方がとても多いと感じました。

骨盤ベルトとは?

そもそも、骨盤ベルトとは骨盤の歪みや緩みを矯正する器具を指します。
骨盤ベルトを巻くことによって、出産のために緩んだ骨盤を支えます。

巻く時に気を付けることは、正しい位置につけることで、骨盤の中央部分である仙骨と骨盤の前部の接合部分である恥骨結合、そして太ももの外上方にある大転子(ズボンのポケット手を入れた時に当たる出っ張り)の3点を結ぶラインで巻いてください。

ズレやすいからきつく締めないと落ちるという方は、正しく巻けていないと思われます。
装着後に恥骨のあたりに手のひらがスッと入るぐらいがちょうどいい巻き方です。

骨盤ベルトの役割

①腰痛の予防や改善
骨盤ベルトで骨盤を支えることで、腰回りの筋肉への負担が軽減し、腰痛が出にくくなります。

②股関節痛の予防や改善
妊娠中や産後に足の付け根が痛いという方も多いです。
骨盤の歪みや緩みから恥骨に付着する筋肉に痛みを発症することがあります。

③生理痛の改善
産後を境に生理痛がきつくなる方の原因を1つに骨盤の歪みが挙げられます。
詳しくはコチラをクリック!

④産後太りの予防
出産後に緩んだ骨盤は約半年かけて徐々に閉じていきますが、一度大きく開いた骨盤が元の位置に戻ることは難しく、また日々の赤ちゃんのお世話などで歪みやズレが生じやすくなります。
歪みやズレは下半身太りやむくみ、体型の崩れの原因となるので是非、気にしたいところです。

骨盤矯正によって、骨盤はその時は元に戻りますが、出産のために緩んだ筋肉群が元に戻るのは時間がかかります。
骨盤矯正を行い、インナーマッスルを元に戻すトレーニングをし、さらにその補助として骨盤ベルトを活用するのが痛みのない生活に戻る早道だと考えます。

産後の骨盤矯正や赤ちゃんの抱っこから来る諸症状でお悩みの方は是非、

岸和田まちの整体整骨院

までお越しください!

GoogleMAPを活用の方はこちら

を検索!

岸和田まちの整体整骨院youtubeチャンネルで実際の施術の様子を見る事が出来ます。

(参考文献:解剖学 改訂第2版)